アリスブルー・スターリット

アリスブルー・スターリット

好きなこと(声優と漫画とアニメとWEST)を好きなように。

生まれて初めてジャニーズのコンサートに参加したオタクの話

8/16に東京ドームで行われた「関ジャニ‘sエイターテインメント ジャム」に参加してきました!これが人生初のジャニーズのコンサートになりました。
あれだけジャニーズWESTにハマったって言っておきながら行ったん関ジャニのコンサートかい、と何人に言われたことか。私だって同じこと思ってるわ。

まず事の経緯は、GWに放送されていた「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王NO.1決定戦」を見ていたら「関ジャニ'sエイターテインメント」の円盤がもうすぐ発売だよ!というCMが流れていた。流れるライブ映像を見ながら私は声オタ垢の方でこんなことを呟いた。

「この時代に生まれたからには一回でいいから嵐と関ジャニのコンサートに行きたい」

まあTwitterというのは思ったことを呟くところなので、願望をそのまま呟いただけなんだけど、ちょっとでも叶えたい願望はどんどん口に出した方がいいなというのを痛感した。というのもその呟きから約一か月後のこと、フォロワーさんから突然DMが来た。

「8/16のチケットが一枚あるんですけど、以前エイトのコンサートに行ってみたいと仰っていたのを思い出して、ご連絡させて頂きました」


女神かよ~~~~~~~~!!!!!!!

言っておくけど私全然フォロワーさんと絡まなくて、むしろ絡み方が全然わからないくらいのコミュ障で、その人ともリプのやり取りはしたことがないわけではないけれど両手で数えれる程度のやり取りだし、もちろん実際に会ったことなんて一度もなかった。なのに私の妄言を覚えていてそれで声かけてくれるとか本当に神すぎない????ていうか本当にいいの?そのチケット他の公演に入るために取った交換用のチケットだったりしない?という疑問が頭の中を駆け巡って、「めちゃくちゃありがたいけれど本当に私がご一緒してもいいのか」というのを何度も確認する私。いやだってほんとマジでどういうことだってばよって思うよ本当に。
まあそんな現人神のおかげで私は人生で初めてのジャニーズの現場に足を踏み入れたのであった。

そんな感じで東京ドームに赴いたわけだけど、ライブには行き慣れてるのにジャニーズのライブってだけでビビる私。まずチケットに席番書いてなくてその場でわかる形式なのにも驚いたし(導入されたのめっちゃ最近らしいけど)、ドームの広さにも驚いた。ドームって初めてなんだけど本当にすごい広い。まあ普段野球するところなんだから当然なんだけど。今まで行ったことのある箱で一番大きいのって多分さいたまスーパーアリーナーのアリーナモードかな…?

ちなみに私が今まで参加したことがあるライブは全部声優関連で、GRANRODEO森久保祥太郎神谷浩史小野大輔岡本信彦、おれパラ、キラフェス。このうちランティス系はアーティストっぽいライブ形式で、きらみゅん系はアイドル寄りのライブ形式。ジャニーズのライブはジャニーズWESTのライブ円盤である程度履修済み。

まあそんなこんなで席について同行者さんと色々お話してたら会場が暗くなって、モニターにOP映像が流れる。各メンバーの顔がアップになって名前紹介されるのはホール系の会場では大体どこも一緒なんだけど、何かカウントダウンでも始まってゼロになったらポップアップでバーン!って登場すんのかと思ったら普通に映像流れてる途中でステージ出てきてスタンバってたから、あ、そういう感じなの?ってちょっと驚いた。
今回のセトリは前半バンドパート、後半がアイドルパート(と言っていいのか)に別れてて、でも私関ジャニのライブを円盤でも見たことがなかったから、関ジャニってこんな感じのライブなんだなあ、想像してたのと結構違うなぁと思ってたら、同行者さんに「今回のセトリちょっと特殊なんです」って教えてもらった。でしょうね!
いやでもバンドパートは本当に、ジャニーズってこんなアーティストみたいなライブするんだって感じですっごいカッコよかった。アイドルのライブなのに衣装チェンジ全然せえへんやん!って思った。あとベースかき鳴らす丸山くんがすごいカッコよかったのと、ドラム打ち鳴す大倉くん超男前だった。そういや関ジャニは特に推しとかいなかったんだけど、今回のライブ気付けばずっと大倉くん目で追ってたから、きっと私大倉くん好きなんだわって気付いた。

アイドルパートは私が想像してたこれぞジャニーズのライブですって感じで、ダンス踊ってたしトロッコとかムビステとか舞台効果これでもかって使ってたし何か噴水とかも噴き出してたしバックでJr.も踊ってたしで本当にアイドルだった。やっぱりみんなカッコよかった。あと今回の席スタンドでわりと近い目だったんだけど、トロッコで近くを通るメンバーの顔がとてもよく見えて、「あ、私本当に関ジャニのライブに来てるんだ」って改めて思った。生で見たらみんなすげーカッコよかった。
今回のアルバムで一番好きな曲が『えげつない』なんだけど、あれ超楽しかった。大倉くん髪が金髪だったんだけど、ラップバトルで安田くんが「あのときも今も誉めたったん俺だけ」って言ってたけど普通にカッコよかった。さっきからカッコよかったしか言ってねえな。語彙力ないとこういうとき困る。
髪型っていえば最初安田くんが出てきたとき全然わかんなくて、消去法であれは安田くんだなって判断したんだけどあの人も髪型コロコロ変わるね。まさにラップバトルで大倉くんが言った通りだわ。
他に印象に残ってるのは、MCで村上くんが秋から新しいレギュラーが始まるって言ったときの会場の反応が「ええっ……!?」みたいな反応で(私は「へぇ」だった)、「今の反応どういうこと!?普通「キャー!おめでとう!」とかじゃないの?」とか言ってみんなからも散々弄られてたんだけど、「いや村上くんほんと仕事しすぎだよ大丈夫身体壊さない…?」が含まれた「ええっ……!?」だと思うよ多分。27時間テレビといい大活躍ですな村上くん。村上くんといえばめちゃくちゃ失礼なことを承知で言うと、村上信五はちゃんとアイドルなんだなあとライブ見て実感しました。いや本当にすみません普段夜ふかしとかでしか村上くん見ないから…。ちゃんとアイドルだった。
あと映像コーナーの「熱々ローションスライディングチャレンジ(名前適当)」、何の罰ゲームやと思ったら『Never Say Never』の前フリということが判明し思わず「しょ、しょーもねぇ…!」と言ってしまった。マジでしょーもねぇ。でもそういうの大好きです。関西人だもん。
アンコールではみんな浴衣着て出てきて、あれもすごいよかった~。浴衣いいよね。浴衣というか和服よきかな。普段着ないような服着てるだけでカッコよさ増さない?
とにかくすっごい楽しいライブだった!やっぱり現場っていいよね。テンション上がるし生きててよかったって思えるし明日からも頑張ろうって思える。例え今日から仕事が始まったとしてもだ。

あ~本当にライブって楽しい。行けてよかった。人生で一回くらいとか言ったけど何度でも行きたい。
いやしかしまずは私はジャニーズWESTのライブに行きたいんだよな…次のライブは一体いつあるのか…今度こそインフルにはならないように気を付けるからジャニストの現場ください。

新しい沼すっげぇ楽しい

ジャニーズWESTに触れてる時間が楽しくて、「私今すっごく楽しい!生きててよかった!人生って素晴らしい!」ってよく思ってる。ところでアニメモンハンの新OP決定おめでとうございます。題名見たときに「手のひらを太陽に」を思い出しました。「人生は素晴らしい」といい「僕ら今日も生きている」といい、何だか道徳を説かれているのかなって若干思った。

10年以上アニオタと声オタをしているのだけど、正直なところここ一年ほどめっきりアニメを見る本数も減ってしまって、このままオタクを上がれるかもしれないと思ってた時期があった。学生の頃は1クールで20本くらいのアニメを平気で見ていたのに、最近だと1クールに5本見れたら結構頑張った方。一応新アニメ始まったらとりあえず1話だけ録画するけど、結局見ないまま切っちゃったりすることが本当に増えた。
理由としては、まあ琴線に触れるアニメが少なくなったというのがまず一つ。これはもういかんともしがたい。あとは学生時代に比べて圧倒的にアニメ視聴に回せる時間が減ってしまったこと。私が本格的にアニオタ開眼して深夜アニメ見始めたのが大学入ったのと同時だったのだけど、大学生なんてスケジュールの組み方次第では高校生より暇になるから、空いた時間をアニメ見るのに使えてた。だから1クール20本とか特に問題もなかったんだけど社会人になったらもう無理。そんな時間ない。溜めずに見るのは10本が精一杯になる。実家にいたときは自室にテレビがなかったから居間の共用テレビで見てたんだけど、共用テレビだから他の家族も使うわけで使える時間も限られてたし。実家離れたら離れたで家事する時間は見れないし。本当に時間がないからアニメが見れなくなった。
というわけでアニメ見なくなった原因を私は時間がないせいだと思ってたんだけど、でも本当の原因は時間がないせいじゃなかった。ある日ふと「そうじゃないな」って気付いた。気付いてしまった。

最近のアニメって尺の問題もあるんだろうけど、展開が怒濤すぎて1回さらっと見ただけでは理解できないことが増えたような気がする。あるいは伏線だらけでやっぱり意味がわからなかったりだとか。
で、「何これどういうことなの?」でポカーンとしてとりあえず次の話も見てみる、というのが前までは出来ていたんだけど、最近は「もういいやよくわかんなかったから切っちゃえ」が増えた。もうね、自分の頭で考えて理解することを頭が放棄してるの。考察がオタクのアイデンティティだとしたら私は確実にオタクとしては死んでるなって。先輩に話したら「それは老化だよ」って言われてしまった。老化怖い。
そして老化の一番怖いところは「ながら見では話を理解出来なくなった」こと。めちゃくちゃ大好きなアニメ以外はスマホしながら見ることがほとんどなんだけど、前まではスマホしながらでも話の流れ理解出来てたのにもう今はちょっと気を逸らしただけで全然話の流れに追いつかなくなる。「えっ、何で今そうなったの?」ってなってしまう。じゃあ真剣にアニメ見とけよって話なんだけどそしたら頭が疲れんだよ。

と、ここまで何か色々書き連ねてきたけど最大の原因は気力がなくなってしまったんだと思う。アニメに対して情熱を傾ける気力が。めっちゃ好きな作品に関してはリアタイしようとか、リアタイ無理なら次の日に見るとか出来るんだけど、ちょっと気になる程度の作品に関してはもう気力がなくなってしまった。アニオタの惰性で録画はするけど後に回してしまいがち。結局見ずに消してしまうこともしばしば。もうアニメに対してそこまで興味なくなってしまったんだろうな。

そんな感じでオタクを上がれると思ってたのだけど、本格的にジャニーズWESTにハマってそんなのは幻想だと思い知らされた。ハマったばっかだからとりあえず時間があったらパソコンで過去のラジオとか映像とか探して、暇さえあればライブ円盤再生して、木曜日は帰ってご飯食べながら録画したヒルナンデス見て、リトラとエージェントWESTとナミノリはリアタイしてるくせに録画見返したりとか。結局アニメ見なくなったのは時間がないとか老化云々ではなく気力がないせいだと気付いたきっかけはこれだったんだけど。しょうがない、10年もアニオタやってたらいつかは飽きが来る。全部の作品なんて追ってらんない。これからはもう好きな作品だけ追っていくことにする。(これだと3話以降面白くなってきた作品とかを逃してしまうのだけど、もうしょうがない)

性根からオタクだからオタク上がるなんて土台無理な話だった。ジャニオタなんてまだ全然名乗れないし多分これからも名乗らないだろうけど、好きなもの追っ掛けてる人生って楽しい。素晴らしい。

欲しいなら縋りつけ

タイトルは電キバ祭より*1

遊佐さん49回目の誕生日おめでとうございます!
10年前の4月頃に友人から借りたBLEACHのイベント映像で見かけたのが初めての遊佐さんとの出会いでした。当時見始めたテレビシリーズでは既に破面編に突入していたからテレビでギンの声を聞いたことはなくて、声を聞いたのもそのイベントが初めてだった。計4部あったイベントの3部目は遊佐さん演じるギンのモノローグから始まる。そのときに初めて聞いた声と、そしてその顔に私は一瞬で目を奪われた。そもそもの目当てだった日番谷くんと演者である朴さんを見ながらも私は遊佐さんのことが気になって仕方なかった。
遊佐さんはイベントの3部と4部に出演していて、トークコーナーを聞きながらおぼろ気ながらどんな人なのかを理解。この時点で私は遊佐さんの年齢を20代後半~30代前半だと思ってた。正直なところ顔が結構タイプで、もちろん声が素敵というのもあるのだけど、多分声だけだったらここまで気にならなかったと今でも思う。
早速「遊佐浩二」でググる私。当然wikiに目を通す。そこで知った遊佐さんの年齢にリアルで三度見した。20代後半どころか(当時)38歳だった。10歳くらい読み違えてた。
そして遊佐さんが当時放映されていた仮面ライダー電王に声の出演していることを知る私。ちなみに今のwikiにはもう載ってないけど、当時は「知人から『朝からエロい声出してるね』と言われた」なんてことが書いてあって、さらに興味を持った。興味を持った流れでそれまで全く、幼稚園にいた頃でさえ見たことが無かった仮面ライダーを見る日々が始まった。これがきっかけで声オタ沼にずぶったようなもんだよなぁ。本当に何度も言うけど遊佐浩二に出会わなければ今の私は存在しない。少なくとも声オタには絶対になっていなかった。きっかけがどこに転がってるかわかんないものだよ。
遊佐さんを生で拝見したのはそれから3年後の電王のイベントだった。もうとにかく生で見る遊佐さんは本当に素敵だった。今でも素敵だけど。初めて生で見る遊佐さんにテンション上がりまくってドキドキしたのは今でも覚えてる。
遊佐さんの声を初めて聞いてから10年の日々が経過して、こうして遊佐さんの誕生日をお祝いするのも今年で11回目で。来年には遊佐さんも50歳なわけで。イベントでのお召し物がいつも若くて本当にアラフィフなんだろうかと思うこともしばしばだけど、でもいつまでも遊佐さんのあの素敵なお声を聞けることにとても感謝してます。神様本当にありがとう。

久しぶりにアルカナ・ファミリアでもプレイしようかな。ジョーリィに冷たいこと言われたかと思えば突然のデレセリフ言われてぇ~~~~。

*1:このイベントに参加していた杉田智和氏が別イベントにてこのセリフを言ったことにより杉田さんのイメージが強いけれど、そもそもは遊佐さんの口から出たのが最初

好きな人に恥じない生き方をしたい

今日TLにとあるRTが流れてきた。
ツイート主さんは元々キスマイ担で、現在は神谷さん推しの人らしくて、ジャニオタから声優クラスタジョブチェンジした際に、いろいろな文化の違いに触れて驚いたという内容だった*1。ジャニオタと声優クラスタの違いと題してはいたけどCDやDVDについても触れていたから、ジャニーズ文化と声優文化の違いについて驚いたことについてと言った方が正しいかな。まあ国が違えば文化が違うのは当たり前、ジャンルが違えば文化が違うのも当たり前で、別に驚くようなことでもなくねぇかと思いはしたけれど。まあでも私も初めてジャニーズの現場に入ったらきっと声優現場との文化の違いに違和感覚えたりするんだろうなとは思ったからとても興味深くそのツイートを読んだ。読んだのだけど。
なんていうかな、ツイートを読む限り「ジャニオタはマナーが悪い!それに比べて声優クラスタはマナーがいい」みたいにしか受け取れなかった。ツイート主さんも比較対象が極端と言ってたし全員が全員そうだとは言わないとも呟いてたけど。でもあの呟きはジャニオタが悪で声優クラスタは正義みたいに受け取られてもしょうがねぇなとは思ったよ。*2

確かにルールを守らないジャニオタさんの数の多さが目立つのかもしれない。でもそもそも抱えてるファンの母数が違うだろ。アニメ界隈見てみな。今じゃ数多くのアニメやゲームが企業とコラボして限定グッズ出してるけどその度に徹夜待機だなんだマナーが悪いって言われて、その度に「だから旬ジャンルは」って言われて最終的には厨ジャンルって呼ばれるようになるんだよ。そういうのって大抵ファンが多いジャンルで、人数が多い分頭のおかしい奴が増えるのも道理だと思うよ。割合的にはちゃんとルール守ってる人が大半だと思う。
それに声優クラスタにだってルール守らないやつはいるし、それこそ数年前まで私は神谷さんのファンになるの躊躇うくらいに神谷さんのファンに対していい感情持ってなかったし*3。きらみゅん関係でも今でこそルールそこそこ厳しくなってるけど、「Kiramune 大阪 ファンミ」で検索してみたら、まー酷い有様のレポが出てくる。これで声優クラスタがマナーがいいなんてよく言えるなって感じ。

あと個人的にすっごい気になったのはCDとDVDの売り方について。CDについては私も先日ジャニーズWESTのCDを初めて買ったときにびっくりしたのだけど、初回限定盤と通常版で入ってる曲数違うってどういうこと?初回限定盤って通常版+おまけ(MVとそのメイキングのDVDとか)じゃないの?と思いはした。例えば神谷さんとかだとMV+メイキングDVD欲しかったら初回限定盤買えば曲もMVDVDも全部揃うけれど、ジャニーズの場合は全部買わないとフルコンプ出来ない。AKBも確か同じような商法だったような気がするけど(買ったことないから詳しくない)、そりゃあオリコン上位に食い込むわと思った。
でもその代わり声優CDは店舗別特典の数がえげつない。声優CDに限らずアニメ系って店舗別特典がめっちゃあるイメージだけど。まあ特典って言っても全部ブロマイドとかだけど、好きなデザインのやつ欲しかったらそれの分だけCD買わないといけないし。私みたいに特にブロマイド欲しいわけじゃない勢は関係ないけど、ブロマイドも込みで吟味する勢はそのせいでブロマイドのデザイン発表まで下手に予約が出来ない。
あとDVDの売り方、これもKiramuneの話になるけど、確かにこの前発売された神谷さんのライブDVDは本編もメイキングも配信専用だった楽曲CDもついてきた。でもキラフェスの円盤はというとDVDには特典なし、ブルーレイには特典DISC付とかいう売り方だったりするから、優しい仕様かと言われれば決してそうじゃないかなって感じ。私みたいにDVDしか再生環境がない場合は特典DISCは諦めざるをえない。だったら通常版と初回盤で分けてくれた方がまだ選択肢の余地があるのに。

まあ色々文句みたいなこと言ってきたけど、別に私が言いたいのはジャニオタだから悪だとか、声優クラスタも同じくらい悪だとか、そういうことじゃない。ジャニオタだろうが声優クラスタだろうがアニオタだろうが、結局ルールを守らないやつが一番悪いって思ってるだけ。ルールも守れないやつが現場に入れてあまつさえ私よりもいい席に入ってたりすると死ぬほど腹立つ。腹立つよそりゃあね。何でルール守ってる私よりルール無視の馬鹿の方がいい思いしてるんだってね。
でもだからって公式から提示されたルール破ろうとは思わない。ルールをちゃんと守って私は堂々と好きな人を応援しに行きたいし。私は好きな人に恥じない生き方をしたい。
ルールを守らない人ってさ、結局自分のことしか考えてないのかな。好きな人が自分の行いを見て、「この人が自分のファンでよかった」って思ってくれるとでも考えてるのかな。そんなわけないよな。悲しくなるに決まってるじゃん。好きな人を悲しませて何がしたいんだ全く。
まあこんなこと言ったら「いい子ちゃん気取ってんじゃねぇよ」って言われんだろうな。やだやだ。

*1:元ツイートは既に削除されてた。

*2:フォロワーさんにも何人かアニオタ兼ジャニオタの方がいらっしゃるのだけど、全員が『追ってたグループによって違うし一括りにしないでほしい』って言ってた。私も同感。

*3:神谷さんのファン=過激派ってイメージだった。

せめてIQ50くらいにはなりたい

 

真理だと思う。

最近WESTちゃんをエージェントWESTなりリトラなり少クラなりで見るたびに「可愛い~!」しか言ってなくて、最近発している言葉の集計を取ったら圧倒的一位に『可愛い』がランクインするんじゃないかってくらいに可愛いしか言ってない。彼らを見るたびに途端にIQが3くらいにまで下がる。せめて50は欲しい。
でも考えてみれば今でも小池くんテレビに映るたびに「ハァ~~~~~~~小池くん超カッコいい、マジカッコいい、ハァ~~~~もう小池くんほんとカッコいい」しか言えないし、遊佐さんが登壇しているイベントに行って動いて喋って全力でドSスイッチ全開の遊佐さん見るたびに「今日も遊佐さん素敵だわ~~~ほんと素敵だわ~~~もうすぐ50なのにお召し物が若いわ~~~素敵だわ~~~~」という遊佐さん素敵マシーンにしかならないし、黒バス放映中は赤司くんのターンになるたびに「ああああああああ赤司くん!!!;;;;;」とか言いながら悶え転げてたし過去にはヒツにもギノさんにも同じ現象が起こってたし、昔から好きな人を目にすると途端にIQが下がる。もはや人間の言葉を話しているだけ奇跡だなって思う。もっと高い知能が欲しい。

そんなことはどうでもよくて、7/15、16に富士急ハイランド・コニファーフォレストで開催された『Original Entertainment Paradise -おれパラ- 10th Anniversary ORE!!SUMMER~』の一日目に参加してきました!そして16日にはニッショーホールで行われた『たびかつっ!イベント』に参加してきて、イベント尽くしのいい土日を過ごしました。月曜はゆっくりしました。疲れた。関西から富士急直通の夜行バスが取れなかったからいったん東京まで夜行バスで出てきてそこから高速バスで富士急に向かって青空の下おれサマー5時間楽しんでそこから電車で2時間半揺られて東京に戻ってカプセルホテルに最終チェックイン寸前に滑り込むってほんとしんどかった。
おれサマーの方はおれパラとしても初の試みである野外フェス、私としても人生初の野外フェスということで、もう色々と声優イベントには参戦してきてるけれど初めてのことだらけでとても新鮮な気持ちで参加出来て、結果的にものすごい楽しい時間を過ごすことが出来て本ッ当に楽しかった!慣れ親しんだホスト4人はもちろん、ゲストの人たちも、曲は知らない曲が多くてもそんなの全然気になんないくらいノれたし、それに何と言ってもおれパラの舞台に立つみっちゃんに会えたことが嬉しくて嬉しくて、全力でお尻振ってきました。お尻振るみっちゃん&ホスト4人可愛すぎじゃなかった???
毎年毎年おれパラの度に言ってるけど小野大輔はえろいし可愛いしかっこいいし本当なんなのあの男。しかも今年はさぁ、投げキスとかしちゃってもう許さない💢💢💢いい加減にしろありがとうございます。新曲の『ROSA』の振りはまだあやふやだったんだけど、もう踊る小野D見ないと年が越せない。今回の曲もいい感じによくわかんないMVで面白かった。
あと一日目のダンス曲は『熱烈ANSWER』だったんだけどどうやら二日目は『kiss kiss kiss』だったらしくてめちゃくちゃ羨ましい。私キスキス好きなんだよ~ダンスの成績2の私が唯一あの曲の振りは大体覚えてるんだよ~私も一緒にキスキス踊りたかった~。でも熱烈歌い踊る小野D見れたから満足。思えば小野Dのトンチキダンスナンバー伝説ってあの曲が始まりだったよな。まさにTUMI

鈴はデビュー曲の『INTENTION』聞けたの超嬉しかったし、『SHIPS』と『あいうえおんがく』も鈴さんのライブでは鉄板で一緒に声出して手叩いて騒げる曲だから大好きで、おれサマーで出来たの嬉しかったし楽しかったなぁ。私今回のおれサマーで鈴パートが一番盛り上がってた気がする。鈴に関してはオタク黎明期の頃に電王に出ていた関係で結構好きな時期もあったんだけど、妹の方が熱量上げて好きになってたので私はそっと離れた。昔から妹が好きな人を回避する傾向があるし、妹も同じだと思う。趣味がほとんど似てるのに絶対に同じ人を好きにならない。
まあ言うたかて今も鈴村さん好きやけどね。

でもやっぱり毎回思うけどショウタロウモリクボに惚れる。めちゃんこカッコいいだもん。元々ロック調の曲が好きって言うのもあるんだけども。あの人も年齢不詳だよね…。トリだったんだけど、最後の『never ends…』がすごい沁みた。毎年毎年惚れさせてくれるショウタロウモリクボほんとぱねぇなって思う。

アンコールでは恒例の『眠るものたちへ』を歌って全力でC&Rしてきて、最後には花火も上がって本当に本当に楽しいライブだった。またおれサマーやってほしい!!! そういえば今回ゲストにDearDreamがいたんだけど、そのファン層らしき人たちがたいていジャニーズの現場で見るようなうちわ持ってて文化の違いにめちゃくちゃ驚いたな。今回は物販にうちわが売ってたからうちわ禁止じゃなかったんだけど、声優系のライブってうちわ禁止のところ多いし(Kiramuneは全面的に禁止)、今まで見掛けたことなかったから純粋にびっくりした。

16日のたびかつイベは、いつもの小川P案件のイベントらしくとってもフリーダムで約2時間面白くて少し冷や冷やしながら(なんせクイズコーナーで当てられる可能性がある)もとっても楽しかった。ていうか今回遊佐さんの客席いじりというか我々に対するドSスイッチが半端なくて、たけぽんやさとたくも動揺するほどにドSスイッチガバガバだった。しかし遊佐さんのファンはよく調教されているのでそれはただのご褒美ですありがとうございます。
あとイベント中にも関わらずビール一気飲みしたりね!おじさんたちが自由気ままにしてるの本当に面白かったです。そして遊佐さんは相変わらず素敵だった。DVD3巻も発売予定とのことでとても楽しみです。ちなみに私の地域は「ケイドロ」だったけど盗人と探偵を決めるのは足を突き出していろはにほへと形式だった。多分関西はほとんどこの形式だと思う。

次のイベントは29日に大阪でのぶライ、次の日に豊洲PITで堀内賢雄さんのアニバーサリーイベントだからまた移動が大変なやつ。でも一ヵ月に二回も遊佐さんに会えるとか本当に嬉し過ぎる。というか1年に1回遊佐さんに会えれば御の字だというのに今年は5回も遊佐さんのお顔を拝見できる機会があって本当にありがたい。やっぱり好きな人にはいっぱい会いたいよね~~~!!!