アリスブルー・スターリット

アリスブルー・スターリット

好きなこと(声優と漫画とアニメとWEST)を好きなように。

欲しいなら縋りつけ

タイトルは電キバ祭より*1

遊佐さん49回目の誕生日おめでとうございます!
10年前の4月頃に友人から借りたBLEACHのイベント映像で見かけたのが初めての遊佐さんとの出会いでした。当時見始めたテレビシリーズでは既に破面編に突入していたからテレビでギンの声を聞いたことはなくて、声を聞いたのもそのイベントが初めてだった。計4部あったイベントの3部目は遊佐さん演じるギンのモノローグから始まる。そのときに初めて聞いた声と、そしてその顔に私は一瞬で目を奪われた。そもそもの目当てだった日番谷くんと演者である朴さんを見ながらも私は遊佐さんのことが気になって仕方なかった。
遊佐さんはイベントの3部と4部に出演していて、トークコーナーを聞きながらおぼろ気ながらどんな人なのかを理解。この時点で私は遊佐さんの年齢を20代後半~30代前半だと思ってた。正直なところ顔が結構タイプで、もちろん声が素敵というのもあるのだけど、多分声だけだったらここまで気にならなかったと今でも思う。
早速「遊佐浩二」でググる私。当然wikiに目を通す。そこで知った遊佐さんの年齢にリアルで三度見した。20代後半どころか(当時)38歳だった。10歳くらい読み違えてた。
そして遊佐さんが当時放映されていた仮面ライダー電王に声の出演していることを知る私。ちなみに今のwikiにはもう載ってないけど、当時は「知人から『朝からエロい声出してるね』と言われた」なんてことが書いてあって、さらに興味を持った。興味を持った流れでそれまで全く、幼稚園にいた頃でさえ見たことが無かった仮面ライダーを見る日々が始まった。これがきっかけで声オタ沼にずぶったようなもんだよなぁ。本当に何度も言うけど遊佐浩二に出会わなければ今の私は存在しない。少なくとも声オタには絶対になっていなかった。きっかけがどこに転がってるかわかんないものだよ。
遊佐さんを生で拝見したのはそれから3年後の電王のイベントだった。もうとにかく生で見る遊佐さんは本当に素敵だった。今でも素敵だけど。初めて生で見る遊佐さんにテンション上がりまくってドキドキしたのは今でも覚えてる。
遊佐さんの声を初めて聞いてから10年の日々が経過して、こうして遊佐さんの誕生日をお祝いするのも今年で11回目で。来年には遊佐さんも50歳なわけで。イベントでのお召し物がいつも若くて本当にアラフィフなんだろうかと思うこともしばしばだけど、でもいつまでも遊佐さんのあの素敵なお声を聞けることにとても感謝してます。神様本当にありがとう。

久しぶりにアルカナ・ファミリアでもプレイしようかな。ジョーリィに冷たいこと言われたかと思えば突然のデレセリフ言われてぇ~~~~。

*1:このイベントに参加していた杉田智和氏が別イベントにてこのセリフを言ったことにより杉田さんのイメージが強いけれど、そもそもは遊佐さんの口から出たのが最初